古代遺跡が眠る難波宮(なにわのみや)遺跡発掘 大阪歴史博物館

この大阪歴史博物館の地下になんと飛鳥・奈良時代の古代宮殿と言われている難波宮跡(なにわのみやあと)があると聞いて、古代ロマンの妄想を頂いてしまい、いてもたってもいられなくなりやってきました。

 

             愛称「なにわ歴博

f:id:kare_mon:20170610225925j:plain

 大阪歴史博物館は平成13年(2001年)11月3日開館10階建て地下2階まであります。見所はなんといっても地下1階にある古代遺跡”難波宮跡”です。歴史遺産を保存しつつ博物館も併設しているのが特徴なんです!
 
     飛鳥・奈良時代の古代宮殿・難波宮を原寸大に再現
f:id:kare_mon:20170610230111j:plain飛鳥・奈良時代の古代宮殿・難波宮を原寸大に再現 朱色の円柱が立ち並び官人がずらっと並んでいます。地下の跡地から円柱跡などを元に復元したのでホント驚きを隠せませんでした! 難波宮聖武天皇744年(天平16年)の住まいと政治や儀式を行っていたそうです。この宮殿の形は中国の宮殿造営思想の影響が認めらています。日本書紀にもみられる難波の大倉も書かれているんだそうです。        飛鳥・奈良時代の古代宮殿・難波宮縮尺模f:id:kare_mon:20170610230410j:plain740年〜745年の僅かな間に聖武天皇は都(みやこ)を恭仁京(くにきょう)、難波宮(なにわのみや)、紫香楽宮(しがらきのみや)と移動しています。これは兵士の反乱や災害が度々起こったからと言われているそうです。
784年に長岡京へ都を移動しましたが、この都も洪水や疫病が相次ぎ、僅か10年で移動しています。そして教科書で暗記した”泣くよウグイス平安京”794年ついに平安京へと都を移して安定されたんですよね!!
 
恭仁京:現在の京都府木津川市加茂ここはわずか3年幻の都とも言われている。
              いたずら書きされた土器?f:id:kare_mon:20170610230607j:plain奈良・飛鳥時代にイタズラ書きされた土器が展示!さすが大阪いまも昔も変わらずε-(´∀`; )             消失前の豊臣秀吉大阪城
f:id:kare_mon:20170610230845j:plain学芸員によるとなんと!この絵に書かれているのが豊臣秀吉が築いた本当の大阪城なんですって!現在の大阪城徳川家康が作り直した徳川家の大阪城なんです!知らなかった!秀吉の築いた大阪城基礎の石垣とかは地中に全部埋まっていると説明がありました。          大阪の発展は大阪城周辺から発展f:id:kare_mon:20170610230952j:plain大阪城は高台に築かれ天然の要塞と言われる淀川に面しています。川を上ると京都へ行くことができるので織田信長も高く評価していた場所でした。豊臣秀吉が残した物は殆ど無いのですが現在の大阪船場周辺の区割りは秀吉が行ったものでそのまんま残っているん遺産なんですって。            大阪城から四天王寺まで発展f:id:kare_mon:20170610231339j:plain 江戸時代に入ると大阪城徳川家康によって再建されました。政権は安定され街は賑わい戻した様子がみれます。                    大阪の新清水寺f:id:kare_mon:20170610231502j:plain1640年京都清水寺から本尊千手観音を移した伝える新清水寺。京都を模倣した舞台からは海が見渡せ、付近には有名料亭「浮瀬」があり、名水も湧く。寺の多い上町の高台は自然が豊富で名所も多く、庶民の安らぎの場であったそうです。            大阪が大昔海(湖)だった事がわかる地図f:id:kare_mon:20170610231616j:plain 大阪は昔、海が広がっていた事を学芸員の方から説明して頂き地図も見せて頂きました!なるほど新清水でから海が眺められたとう意味がここでやっと理解できました!               原寸大に復元された発掘現場f:id:kare_mon:20170610231759j:plain8階は遺跡発掘体験できるコーナーなっていて大人から子供まで楽しめるコーナー!      
 
       大大阪時代 劇場の街:道頓堀・千日前f:id:kare_mon:20170610232021j:plain1940年(昭和15年)「芝居の街」観光地としても賑わいました。この時から派手な看板など独自性発揮され始めたようです!
 
 
        地下にある難波宮跡地(なにわのみや)

f:id:kare_mon:20170610232417j:plain

この博物館が建つ敷地に実物の古代遺跡”難波宮遺構”があり飛鳥時代のものと言われています。発掘調査ではたくさんの倉庫跡などが見つかっていますが再び埋め戻して保存しています。一部をこのように見学することができ古代ロマンを感じさせる事に感激しました!
 

f:id:kare_mon:20170610232909j:plain

歴史が好き人には非常に興味深い内容が展示されているので文句なしにお勧めの場所でした。地下にある遺跡跡はグッとくるものがありましたよ!
 
 
大阪歴史博物館
HP:http://www.mus-his.city.osaka.jp/
アクセス:大阪市中央区大手前4丁目1-32
最寄駅:地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目駅」2号・9号出口
営業時間:午前9時30分から午後5時まで (なお、特別展会期中の金曜日は午後8時まで)休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)   年末年始(12月28日から1月4日)
料金:大人600円 高校大学生400円 中学生以下無料