【香川県】陶器製のバラ?鶴が舞う No59 SEA VINE 瀬戸内芸術国際2016 【男木島】

No59 SEA VINE

磁器製のつるが室内にはり巡らされ、波や風のように見立てた作品。海が見える窓から、室内に波が入ってくるかのような光景を表現するインスタレーション
磁器製のつるが室内にはり巡らされ、うねった形は波のようにも、風のようにも見える。
 
繊細な作品なので人数制限かけられての入場です。
畳の上で陶器製の花が吊るされています!
 
 

     No59 SEA VINE

f:id:kare_mon:20170628143914j:plain
近寄って見たかったのですが奥にはいけないです。ツルが糸で吊るされた繊細な作品
 
 
 
f:id:kare_mon:20170628144004j:plain 古民家の畳の上での作品ですが違和感ありません。 
  
f:id:kare_mon:20170628144402j:plain 窓から入ってくる風が渦を巻いて廻っているというのがコンセプトのようです 
 
 
f:id:kare_mon:20170628144445j:plain これを吊るす作業も大変そうです 
 
 
f:id:kare_mon:20170628144556j:plainピント合わせたよ( ´ ▽ ` )ノとっても綺麗です
 
 f:id:kare_mon:20170628144703j:plain
なんか懐かしい思い出を引き出す雰囲気がありました!
 
 
懐かしい思い出が渦を巻くように蘇って来て段々と吸い込まれ一瞬に消え思い出が「バラのように咲いて散っていく」ことを感じさせる作品でした。
 
 
 
作品名:No59 SEA VINE
アーティスト:高橋治希(たかはしはるき)
営業時間:9:30-16:15
定休日:会期中無休
料金:300円