針工場と廃船のコラボレーション・No24 針工場 瀬戸内芸術国際2016 【香川】

 No24 針工場 大竹伸朗  

 

瀬戸内芸術国際2016打ち捨てられる寸前だった船型と旧針工場という二つの存在を合体させることで、物自体の関係性を表しながら、背景にある時代や場所、人を想起させ、訪れる人々に「海」につながる様々なイメージを喚起させます。

 
                                                         No24 針工場
f:id:kare_mon:20170624215854j:plain

針工場の入り口

 

 

 

f:id:kare_mon:20170624215901j:plain

扉が錆び付いていますがこれも作品

 

 

               外観の様子

f:id:kare_mon:20170624215844j:plain

会場内は撮影不可でした!

 

               これが廃船ε-(´∀`; )よ

f:id:kare_mon:20170624220630j:plain

写真:宮脇慎太郎 瀬戸内芸術国際HP転用

 


針工場と廃船を組み合わせた作品です。
当初資料など読んで来なかったので針工場で作った針の船体なんだろうな?と思っていました。針で船体?なんて素敵なもの作っていたんだろう!って思いこみ作品を鑑賞していましたがまったく違う!!ただの勘違い

旧メリヤス針製造工場と造船所に約30年放置されていた漁船の船体用の木型です。
アーティストにかかると船体の模型も作品になっていました!

あなたはどう思うか?どう感じるか? あなた次第です!って作品でしたよ

作品名:No24 針工場
アーティスト:大竹伸朗
営業時間:17:00-19:00
営業日:土日祝日

 

benesse-artsite.jp