香川県

【香川県】女子必見!男だけの島!? No53 男木島の魂 瀬戸内芸術国際2016 【男木島】

No53 男木島の魂 フェリーで女木島から男木島へ向かいます! 男木島は結構派手な船が出迎え海の男がお祭り法被を着て迎えてくれました。 気分は→ワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク 港から超ド派手な船が向かえてくれます!写真では見えませんがお祭り法被着て旗を…

【香川県】盆栽女子って流行るかも! No44 feel feel BONSAI 瀬戸内芸術国際2016【女木島】

No44 feel feel BONSAI 盆栽の過去と現在、未来を見せる展示を民家で実施。香川の盆栽の起源から盆栽黄金時代、そして盆栽の新しいイメージや未来像を探る。春・夏・秋の各会期で展示替えも行う。 女木島滞在予定時間2時間しか無いので鬼の洞窟は今回パスで…

【香川県】だんだんと積み上ブロックは見もの! No48・段々の風 瀬戸内芸術国際2016 【女木島】

No48 段々の風 約400個の陶のブロックを設置。町並みと海が見渡せる光景と作品の一体化を図り、大パノラマを見せる。 その場所は、かつて段々畑だったところ。傾斜地を開墾したが、やがて過疎のために雑木と草に覆われてしまった場所だ。 No48 段々の風 この細…

【香川県】この島にはかつて鬼がいた!No49 鬼の家 第2会場「鬼の記念館」 瀬戸内芸術国際2016 【女木島】

No49 鬼の家 第2会場「鬼の記念館」 鬼ヶ島伝説をモチーフに、大洞窟を起点に複数会場で展開。古代から現代にかけての「鬼」=「他者」というイメージをもとに、オブジェや立体、映像などを点在させる。 自らをカオスと呼んでいますので早速行って見ましょう…

【香川県】女性のアソコ?20世紀少年が中庭に No45 女根 / めこん 女木島 瀬戸内芸術国際2016 【男木島】

No45 女根 / めこん 大竹伸朗 中庭には、敷地に対して明らかに不釣り合いな大きさのブイと、女木島に自生していたヤシの木が直立し、その周囲には複雑に屈曲した木の根や熱帯植物が溢れるなど、アーティストが女木島の印象として感じとった植物の生命力と、…

【香川県】陶器製のバラ?鶴が舞う No59 SEA VINE 瀬戸内芸術国際2016 【男木島】

No59 SEA VINE 磁器製のつるが室内にはり巡らされ、波や風のように見立てた作品。海が見える窓から、室内に波が入ってくるかのような光景を表現するインスタレーション。 磁器製のつるが室内にはり巡らされ、うねった形は波のようにも、風のようにも見える。 繊細な…

【香川県】乳母車(うばぐるま)現代版 No56オンバ・ファクトリー 瀬戸内芸術国際2016【男木島】

No56 オンバ・ファクトリー 坂道や細い路地が多い男木島では、オンバ(乳母車)が必須品である。島の人たちのオンバにカラフルなペイントや装飾を施し、日常的に使えるアートに仕立てた。 乳母車(うばぐるま)の現代版がさらにアートが加わったナウでヤングな感…

【香川県】堤防ずらり並ぶカモメの風見鶏 No40・カモメの駐車場 瀬戸内芸術国際2016【女木島】

No40 カモメの駐車場 港にずらりと並んだ約300羽のカモメは、風が吹くといっせいに方向を変える。風の流れとカモメの群れの習性を視覚化した作品だ。そして、2013年には、作家がデザイン監修した防潮堤があらたに登場した。 高松港から女木島へフェリーでレッ…

夢の舞台を乗せて日本にやってきたよ! No172 国境を越えて・海瀬戸内芸術国際2016 【香川県】

No172 国境を越えて・海前回の芸術祭で台湾から豊島を航海し、また台湾に戻った「種の船」が、今度は高松港に到着する。新たに組み立て直した船は、種の漂流をイメージ。 港から少し離れている場所にあります。直島出発時間まで余裕あったのでゆっくり見学し…

夜のライトアップが美しい! No42 MEGI HOUSE 瀬戸内芸術個国際2016【香川県】

No42 MEGI HOUSE MEGI HOUSEは、愛知県立芸術大学の活動拠点であり、表現と実験の場。美術・音楽両学部の教員や学生、卒業生たちによる、作品発表やコンサートを実施する。前回までの常設展示に加え、今回は倉重光則による光を用いた作品等が新たに登場する。 …

男女の出逢いあるかも?自然石アート No18 李禹煥美術館 瀬戸内芸術国際2016 【香川県】

No18 李禹煥美術館 李禹煥の初の個人美術館。谷あいから海へとつながる地形を活用した建物は安藤忠雄の設計。自然石と鉄板からなる彫刻を配した「照応の広場」や1970年代から今日までの絵画、彫刻を収めた「出会いの間」などがある。 お昼くらいに直島にやっ…

廃棄自転車を芸術に転換 No. 183 終点の先へ 瀬戸内芸術国際2016 【香川県】

No. 183 終点の先へ 放置自転車をアート化するプロジェクト。鉄を熱して叩いて溶接し、新たな自転車に再生。レンタル可能で、港と鉄道の終点駅が隣接する宇野の町を走り回れる。 高松港から宇野港へやって来ました。また高松港へ戻るので滞在時間は1時間15分…

海底から引き揚げた遺産を作品に!No184・舟底の記憶 瀬戸内芸術国際2016 【香川県】

No184 舟底の記憶 旧日本軍の軍艦のいかりや、ノルウェー船のスクリューを用い、巨大立体作品を発表。今回は、ワークショップで鉄のパーツをつくり、立体作品に溶接。海底の遺物の付着物のように増殖し続ける。 この宇野港滞在時間は1時間半しかありません…

高松港出発前にお出迎え No173 「銀行家、看護師、探偵、弁護士」瀬戸内芸術国際2016【香川県】

No173 「銀行家、看護師、探偵、弁護士」 「ことでん」高松築港駅付近に、4体の石の彫刻を設置。大理石の「銀行家」や、庵治石の「看護師」、石灰岩の「探偵」、それに黒御影の「弁護士」だ。地元産などの石を用いた、現代的な印象を与える彫刻作品である。 …

【香川県】住年スターマンハッタン映画館で No46 ISLAND THEATRE MEGI 「女木島名画座」瀬戸内芸術国際2016 【女木島】

No46 ISLAND THEATRE MEGI 「女木島名画座」 いまは使われていない倉庫を活用し、シアター仕立ての絵画と映像によるインスタレーションを発表。客席エリアではボックス席などの装飾を作者自らペインティングし、ロビーでは映画スターのプロマイドや絵画など…

今までで最高の美術館かも! No31豊島美術館 瀬戸内芸術国際

No31 豊島美術館 建築家・西沢立衛とアーティスト・内藤礼による美術館。瀬戸内海を望む豊島の小高い丘の中腹に立地し、周囲には棚田が広がり、自然と建築、アートが融和した美しい環境をつくりだしている。中では一日を通して「泉」が誕生する作品《母型》…

民家の嵐体験・No29 ストームハウス ジャネット&ジョージ 瀬戸内芸術国際2016【香川県】

No29 ストームハウス ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー 唐櫃岡の実際に使われていた民家にて、嵐がやってきてから過ぎ去るまでの約10分間を体感できる作品です。激しさ増す雨と、鳴り響く稲妻、木の影のざわめき、吹き荒れる突風と室内に…

No171 Liminal Air -core-  大巻伸嗣作 瀬戸内芸術国際2016【香川県】

No171 Liminal Air -core- 瀬戸内芸術国際2016 高松港に立つ、高さ8メートルもの2本の柱。カラフルな柱の一部は鏡面となっていて、港や海、建物など周囲の光景を映し、見る位置や時間帯、状況に応じて多様な表情を見せる。つまり、高松の環境を可視化すると…

No26 空の粒子・青木野枝 豊島・唐櫃 瀬戸内芸術国際2016 【香川県】

No26 空の粒子 青木野枝 豊島・唐櫃岡 ささやきの森の次に向かった先は「空の粒子」です。 道中お寺があったりお墓があったりしますが景色は最高です。 特に迷うこともないのですが船の時間が気になって急ぎ足になってしまいました。 もう少しまったり景色を…

誰も居ない民家で音楽を楽しむ No33・豊島シーウォールハウス 瀬戸内芸術国際2016【香川県】

No33・豊島シーウォールハウス 今は使われていない民家にて、映像やサウンドによるインスタレーションを展開。各部屋の作品が連動することで、まるで家そのものがひとつの身体のように感じることができる作品空間だ。 豊島の景色です!なんとも綺麗で美しい …

【香川県】No35 とても素敵な音色「ささやきの森」クリスチャン・ボルタンスキー 【豊島】

No35ささやきの森 400個の風鈴が風になびき、静かな音を奏でるインスタレーション。風鈴の短冊には鑑賞者の大切な人の名前が記される。無名の個人を記憶に留め、人間存在の強さや儚さを表現する作品。鑑賞者は、新たに自分の大切な人の名前を残すことができ…

【香川県】 No27 あなたの最初の色 ピピロッティ・リスト 瀬戸内芸術国際2016【豊島】

あなたの最初の色(私の頭の中の解-私の胃の中の溶液)ピピロッティ・リスト 豊島・唐櫃岡 No27 蔵の中央に設置された円形のスクリーンに、花や人間、風景などが幻のように浮かび上がっては、歪み、消えていきます。 鮮やかな色がスクリーンからあふれ出して…

【香川県】堤防ずらり並ぶカモメの風見鶏 No40・カモメの駐車場 瀬戸内芸術国際2016【女木島】

No40 カモメの駐車場 港にずらりと並んだ約300羽のカモメは、風が吹くといっせいに方向を変える。風の流れとカモメの群れの習性を視覚化した作品だ。そして、2013年には、作家がデザイン監修した防潮堤があらたに登場した。 フェリーで女木島へ 高松港から女…

針工場と廃船のコラボレーション・No24 針工場 瀬戸内芸術国際2016 【香川】

No24 針工場 大竹伸朗 瀬戸内芸術国際2016打ち捨てられる寸前だった船型と旧針工場という二つの存在を合体させることで、物自体の関係性を表しながら、背景にある時代や場所、人を想起させ、訪れる人々に「海」につながる様々なイメージを喚起させます。 No2…

幾何学模様の部屋!目が廻る!No22・あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする 瀬戸内芸術国際2016【香川県】

No22 あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする 空家をレストランに改装。迷彩柄やストライプ、水玉などの模様が天井や床、壁、テーブルに施され、店内の空間まるごとが作品だ。 豊島最後の作品になってきました。閉館ギリギリに着きましたが結構混んでい…